頭痛対策になる事は複数ありますが、その中には目の体操で頭痛予防する方法もあります。

眼球を上下に動かす体操

目の体操といっても難しいものではなく、眼球を上下左右に動かす体操をするだけでも疲れがとれます。
いつでも気がついた時に実践できるので、眼精疲労や頭痛予防のためにも役立ててみてください。目の筋肉をほぐす事もできるので、良い運動となるでしょう。

眼精疲労は目の体操をしていく事で和らいでいきます。

目をこまめに休ませる

・濡れたタオルで目を冷やす
目を酷使し続けていると、眼精疲労がたまっていってしまいます。そのため少しだけでも目を閉じる時間を作り、休ませましょう。濡れたタオルを目の上に置いて冷却するだけでも違います。

・睡眠をとる
睡眠も十分にとった方がいいでしょう。目にとっても休養になります。睡眠不足だと眼精疲労がたまりやすいので、たっぷり睡眠時間をとるようにしましょう。

・遠くを眺める
デスクワークをしている時もひたすら続けるのではなく、いったん作業を止めて窓の外を眺めるなどして目をこまめに休ませます。目にもこまめな休養が必要です。

目が疲れると筋肉が凝ってしまう

普段パソコンワークが多い人や、スマホいじりをよくする人は、それだけで眼精疲労を招いてしまいます。眼精疲労になると目の筋肉がだんだん凝ってきてしまいます。目周りにも筋肉が通っているので、目が疲れてきてしまうとそれだけ目の神経も衰弱してしまいます。

このような状態をそのままにしておくと、疲労蓄積されてしまい、目にとってもよくありません。目を酷使したなぁと感じた時は、目の疲れを回復してあげましょうね。