ストレスは様々な不調を引き起こしてしまうものです。それは脳にある自律神経と大きく影響していました。

自律神経って?

頭痛は頭の血流が滞る事で痛みが生じる症状です。脳がストレスに反応している状態とも言えます。

自律神経をはじめとするほとんどの神経は、脳から指令をもらって活動しています。

自律神経を司っている部分に「視床下部」といのがありますが、これは人の気持ちやエネルギーに関与しています。ストレスを感じるのも実はこの自律神経であり、心臓をドキドキ緊張させる部分でもあります。

ストレスによって自律神経の働きが悪くなる

自律神経は内蔵を正常に動かしてくれる神経ですが、ストレスによって働きが乱れてしまう場合があります。自律神経は私たちが意識的にコントロールできる神経ではありません。

そのため正常に機能させるには、ストレスを抱えず体調を整え、自律神経が働きやすい環境を作ってあげなければなりません。

自律神経の働きは脳にも影響してくるので、自律神経がスムーズに働いていなければ、脳も元気でいられないでしょう。

ストレスで乱れた自律神経を改善する

ストレスによって頭痛が出ても病気になったわけではありませんが、身体に異常が出てしまう事があります。ストレスによって自律神経の調子が悪くなっている事が考えられます。

一時的だろう~といって精神的ストレスをそのままにしてしまうと、頭痛がいつまでも治らず、慢性化する恐れがあります。さらに悪化してしまう事もあるでしょう。

これを防ぐためにも、ストレス解消に努め、乱れた自律神経を整えてあげなければいけませんね。