頭痛になると真っ先に頭痛薬に頼ってしまう人は多いでしょう。しかし頭痛薬ばかりに頼ってしまうのもあまりすすめられません。できれば頭痛薬に頼らないでも済む体質にしていきたいですよね。

それにはどんな事をすればいいのかというと、「水分」が重要な役割を示します。これはどういう事なのでしょうか?
ぜひご参考にしてみてくださいね。
頭痛に悩む男性

頭痛体質を治すためにも水分不足を解消する

水分不足になって血液ドロドロになってしまうと、頭痛を引き起こす恐れがあります。
水分不足になると脱水症状になってしまい、脳の血管も水分不足になって痛みが発生してしまうからです。

頭痛緩和するために「頭痛薬」を使うのも有効ですが、水分摂取する事も非常に大切です。
頭痛と水分には密接な関係があるからです。

水分不足が血液ドロドロにさせる

私たちの体は、約60%が水分です。水分が体内に不足してしまうと、あなたの血液はドロドロになってしまうでしょう。

その体内水分のうち、3分の2は細胞内液、残りの3分の1は細胞外液で、どちらも重要な役割を果たしています。

細胞外液である血液は、全身に酸素や栄養を送り込み、細胞内液が受け取ります。その後、細胞内で生まれた老廃物や二酸化炭素などを、リンパ液に送りこんで体外に排出させるのです。